Top > エンチャント
HTML convert time to 0.002 sec.


エンチャント の変更点


 TITLE:エンチャント
 
 *エンチャント [#w5f1b71b]
 
 公式より引用(3/12 更新内容のお知らせ 2008/03/12 14:32)
 
 
 >合成で生成できる武器・装備アイテム品の性能にランダムで補正がかかる機能
 「エンチャント機能」が新たに実装されました。
 生成できる武器・装備品が補正のパラメータを保持している場合、
 それぞれのパラメータに「+3 ~ -3」の範囲でエンチャント機能がかかります。
 もともとマイナスの補正がついているアイテムの場合、最高値は「-1」。
 もともとプラスの補正がついているアイテムの場合、最低値は「+1」となり、
 「0」は存在しません。
 また、ATKとSPDのパラメータを持つアイテムが合成によって生成された場合、
 ATKとSPDにそれぞれエンチャント機能がかかります。
 例1
 合成でベースの性能がATK+3 ・SPD+1の装備を生成した場合、
 アイテムが持つベースの性能、ATK+3 ・SPD+1にそれぞれに補正が入ります。
 一番良い装備が合成できた場合:ATK+6、SPD+4 の性能となり、
 一番悪い装備が合成できた場合:ATK+1、SPD+1 の性能となります。
 例2
 合成でATK+2 SPD-2のアイテムを生成した場合、
 ATKの数値の範囲は、+1 ~ +5(0以下になることはありません)となり、
 SPDの数値の範囲は、-1 ~ -5(0以上になることはありません)となります。
 
  
 ただし、特殊装備に関しては「+7 ~ -7」のエンチャントがつくようです。
 また、マイナス補正がついている装備の場合、エンチャント次第でプラスになることもあります。
 (反射ネックレス[SPD+40,ATK-5]のATK+2のものを確認済)
 **エンチャントによるメリット・デメリット [#m4684db0]
 -メリット
 --低レベルでは+補正装備で狩が楽になる
 --装備に-補正があっても軽減できる(例:-4→-1)
 
 #br
 -デメリット
 --錬金結果が多大な運に左右され、破産の道へ(ただでさえ、できる確率も運なのに-補正装備はほぼ売れない)
 --SPD以外のステータスに誤差が多少あってもあまり変化がなく、ほとんど意味がないシステム
 
 **エンチャントによる確率 [#wad606f9]
 -1つステータスがある装備の場合、単純計算だと5分の1。
 (試すときは基本のステータスが [+2以上] のものでお願いします)
 |CENTER:120|CENTER:120|c
 |変化数値|確率(生成数/総試行回数)|h
 |+3||
 |+2||
 |+1||
 |0||
 |-1||
 
 #br
 -2つステータスがある装備の場合、単純計算だと20分の1。
 (試すときは基本のステータス[上/下]が [+4以上/+2以上] or [+4以上/-2以下] のものでお願いします)
 |CENTER:120|CENTER:120|c
 |変化数値(上/下)|確率(生成数/総試行回数)|h
 |+3/+3||
 |+3/+2||
 |+3/+1||
 |+3/0||
 |+3/-1||
 |+2/+3||
 |+2/+2||
 |+2/+1||
 |+2/0||
 |+2/-1||
 |+1/+3||
 |+1/+2||
 |+1/+1||
 |+1/0||
 |+1/-1||
 |0/+3||
 |0/+2||
 |0/+1||
 |0/0||
 |0/-1||
 |-1/+3||
 |-1/+2||
 |-1/+1||
 |-1/0||
 |-1/-1||
 
 
 
 
 #br
 *コメント [#w170ddcb]
 #pcomment